墓じまいはどのような流れで進めるの?メリットやデメリットについて

墓じまいはどのような流れで進めるの?メリットやデメリットについて

墓じまいをする時の流れについて

超高齢化社会の真っ只中にある日本では、お墓の場所が不足していると言われています。そこで注目されているのが、墓じまいです。墓じまいとは、簡単に言えば管理することが難しくなったお墓を、処分してしまうことです。ただし、大切なご先祖様が眠っているお墓だけに、簡単に処分することはできません。バチが当たらないように、正しい手順を踏む必要があります。実際に墓じまいをする時は、まず始めに家族や親戚と相談して、合意を得ることが大切です。その上でお墓を管理している寺院に相談し、遺骨をどこに移動するのかも考えます。移動の方法としては、永代供養墓に合葬するか、別のお墓に移動する方法、あるいは海に散骨する方法があります。そして移動先も決定したら、今度は改装の手続きを済ませ、撤去を依頼する石材店を探します。後は墓石の撤去工事を行ってもらい、寺院に報告を済ませるのが一般的な流れです。

墓じまいのメリットやデメリットについて

墓じまいはメリットが大きいですが、デメリットもいくつか挙げられます。デメリットとして大きいのが、お墓を撤去してしまうと、大切な故郷を訪れる機会が減ってしまうことです。墓じまいをすることで急に生まれ育った町と疎遠になってしまい、寂しい気持ちに苛まれることもあります。このため墓じまいをしたらその後の生活がどうなるのかを、予めしっかりイメージしておいた方が良いでしょう。一方メリットとしては、お墓の管理に困らなくなることや、維持費を軽減できることが挙げられます。

墓じまいの費用はお墓の解体・撤去の他に、閉眼供養や移転先の墓地の準備や法要などさまざまな費用がかかります。