BCPが企業を救う?備えあれば憂いなし!

BCPが企業を救う?備えあれば憂いなし!

緊急事態が発生したときに備えて

企業活動において、不意の災害やトラブルが発生したときの対策は必要ですよね。そうした緊急事態が発生した際に早急に業務を再開するための対策がBCP(事業継続計画)です。トラブルがあって業務が中断してしまった際に、業務再開のために優先的に行うことを定め、復旧にかかる時間も試算しておきます。復旧に必要な機材や備品の手配、緊急時の対応可能範囲について顧客との擦りあわせを行うといったこともBCP対策の一つです。これを怠っていると、いざ問題が起こった際に復旧のメドが立たず、その結果として顧客の流出や事業の縮小を余儀なくされることとなります。そのため、何も起きていない平常時にこそ、この備えをしっかりとしておかなければならないのです。

日頃から対策しておくことが大切

BCPは企業の規模によってそのとれる対策も変わってきます。たとえば全国に拠点がある企業であれば、トラブル発生時に通常通りの対応が別拠点で行えるように準備しておくことも可能ですが、拠点などのない中小企業であれば代替手段をあらかじめ考えておく必要があるでしょう。しかし、重要なデータの管理や必要な消耗品の備蓄、災害に備えた什器の固定などをあらかじめ行っておくことは、どの規模の企業でもできるはずです。それが災害であれ別のトラブルであれ、発生したときの事を考えて、そこから復旧するための対策を企業全体で練っておくことが大切です。いざというときに慌てないよう、しっかりと準備しておきたいですね。

BCP対策とは、自然災害やテロなどの非常事態に見舞われたとき、企業の事業資産の損害を最小限にし、早期復旧できるよう、方法や対策を決めておくことです。