なんだかやる気が出ない…。うつ病かもしれないと思ったら心療内科へ!

なんだかやる気が出ない…。うつ病かもしれないと思ったら心療内科へ!

うつ病は患者数の多い身近な病気!

うつ病の患者は年々増加傾向にあり、一生のうちにうつ病になる可能性のある人は15人に1人とも言われている身近な病気です。
うつ病の症状は人それぞれですが、代表的な症状としては落ち込みが続いたり悲観的になったり、好きなことに関心がなくなったりということがありますよね。
そしてその症状に当てはまると「自分はうつ病ではないか?」と、不安になる方もいると思いますが、うつ病は脳内伝達物質の働きの異常というれっきとした病気なので、きちんとした診断が大切になります。
うつ病の診断を受けるには「心療内科」という科を受診することになりますが、診療の内容は問診や内科でも行われる検査などにカウンセリングを足したものですので、かまえる必要も無く安心して診察を受けることができます。

うつ病の治療法はとにかく休む!

心療内科でのうつ病の治療法は、抗うつ薬などの薬物療法や認知行動療法などが行われますが、それ以前にまずとにかく「休む」ことを勧められます。
うつ病はストレスや過剰な疲れが原因となっていることが多く、また昇進や就職など嬉しい出来事や環境の変化などでも誘発されることがあり、性格的になりやすい傾向の人も存在します。
うつ病の診断基準の一つに睡眠障害や不眠があり、結果、体も心も休めていない状態ですので上手に休みながら治療を続けることが大切になってくるのです。
ですが、抗うつ薬は副作用として不眠の症状が現れる場合がありますので、治療をしているのに眠れなくて辛い、という方は、他の薬や生活習慣のアドバイスなど適切な対処をしてくれますので、すぐに医師に相談してください。

原因不明の頭痛など、体調不良に悩まされているなら、岡山の心療内科で診察を受けましょう。心身の不安を解消することができます。